ミライヴォイスという名の声優グループが活動を開始したのは、2015年の冬。ホームページを作り、ネットラジオの配信を始めたのは、2016年1月でした。
 メンバーは僕、青森裕をはじめ、男女合わせて3人でした。
 順風満帆だったなんて口が裂けても言えません。実際、本当に苦労しました。
 ミライヴォイスのインターネットラジオプログラム『あ〜ねすと』の最終回の配信が始まったのが、2017年の2月ですから、ラジオプログラムとしての期間は1年と2か月でした (『あ〜ねすとOnlyOne』は青森が一人でやっているので除外)。
 その14か月という期間で、『あ〜ねすと』の前身『はじまりのラジオ』を含めたネットラジオの配信は、11回でした。つまり、1か月にたった1回の配信もままならなかったわけです。
 その理由は、出演者のスケジュールが合わなかったということが最大の原因です。
 もちろんそれを咎めることなど、僕にできるはずはありません。だからと言って何も感じないで妥協や容認ができるほど寛容でも楽天家でもありません。僕はそこまで人間が出来ていないのです。
 しかしながら結局は「しょうがない」と諦めてしまうことだけが唯一の途だったため、上記のような活動内容にならざるを得なかったのです(ちなみに僕はこの「しょうがない」という言葉が大嫌いなので、結構なストレスだったりします)。
 そしてそういう「出演者の都合」が大きな形となり、ついに声優集団ミライヴォイスは「解体する」という形を取りました。
 なお、『あ〜ねすとOnlyOne』の初回配信の中でも話しましたが、喧嘩別れしたわけではありませんので、誤解しないでくださいね?

 解体――なぜ解散ではなく「解体」なのか?
 それは、これを見てくれている人、『あ〜ねすと』などのネットラジオプログラムを聴いてくれる人、番組宛てだけに限らず、お便りを送ってくれる人がいるからです。 調子に乗った言い方を許してもらえるなら、僕らのファンがいてくれるからです。
 そういったファンの方たちがいるなら、やめるべきではないと思ったんです。ビジネスなら、営利目的なら、人がいないならやめるのが筋でしょうが、僕らはお金儲けのためにやっているわけではありませんから……。
 とは言え、3人でやっていたころと違い、解体した時には青森ただ1人。なのにミライヴォイスの名は「違う」と思ったのです。だから、ミライヴォイスは
(まことゼットディー)へと変わったのです。
 ただし、名前が変わってコンテンツも増えましたが、志は一貫しています。トップページにも書いてあるとおり、本気で、本物の声優になるという、この行動理念は、不変です。
 真ZDは、本物の声優を目指す者たちのためのグループです。

 ミライヴォイスから付き合ってくださってる方。
 真ZDという形になった僕たちにこれから付き合っていってやろうという方。
 皆様一人一人に、応援をよろしくお願いします。

                           真ZD主宰・青森裕



「ん? ミライヴォイスって何?」 という方は、こちら「ミライヴォイスとは?」(旧サイトより)をご覧ください。

















































サイトの主な履歴
●インターネットラジオ『あ〜ねすと』第13回の配信開始('17.07.03.)
●インターネットラジオ『あ〜ねすとOnlyOne』第2回の配信開始('17.05.31.)
●交流目安箱、更新('17.05.09.)
●声優集団ミライヴォイスが真ZDに模様替えと共に新サイトに移行、および新サイト稼働開始('17.05.01.)